クレジットカードとデビットカードの違いは?

クレジットカードとデビットカード
見た目はよく似ているけれど、一体何が違うのだろう?

それぞれのメリットとデメリットも含めて調べて見ました。

【クレジットカードとデビットカードは何が違う?

支払い方法

クレジットカード:まとめて後払い
デビットカード :使ったその場で引き落とし

海外利用

クレジットカード:買い物当日のレートではなく、決済データがカード会社に到着したタイミングでの為替レートになるため、金額に変動が生じる場合がある。

デビットカード :支払いと同時に決済が行われるため、買い物時の為替レートが適応される

不正利用に対する対応

基本クレジットカードもデビットカードも不正利用等の対策はされている。
※どちらのカードも、不正利用の場合でも本人に過失や違反等があった場合は補償対象外になります。

クレジットカード:カード会社に連絡を入れれば、口座から引き落とされる前にカードを停止することも可能。
デビットカード :即時決済のため、支払いの停止は難しい。
※ただし、保証の範囲内であれば返金される場合もある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

【メモ日記】化粧水